スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

woods of a hydrangea

woods of a hydrangea

東京都議会の一般質問の際に発生したヤジの問題が世間を騒がせていますね。

すでに一人の自民党都議が発言を認めて謝罪していますが、このニュースでは何となく違和感を感じることが少なくありません。

例えば「品のないヤジはよくない」などという言葉が聞かれますが、品のあるなしの基準がよくわかりません。

そもそも人が話しているときには静かに聴くことなどというのは、小学校…いえ、幼稚園や保育園で教えられることではないでしょうか。

そんなことすらできない都議会議員に、都民の声をちゃんと聴くことができるのでしょうか。

また、大勢の中なら個人を特定できないので何を言ってもいいという風潮は、子どもたちのいじめの問題と何ら違いはないと思います。

本当の意味で『品のいい国』になっていくことが、今の日本には最も必要なことではないでしょうか。


photo:三景園(三原市)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。