スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

stone lantern

stone lantern

昨日、最高裁判所大法廷で、非嫡出子の遺産相続分が嫡出子の2分の1としている民法の規定が違憲であるとの決定をしました。

婚姻や家族のあり方に対する意識が多様化している近年において、民法の規定が時代に追いついていないという実感を持っている人は多いのではないでしょうか。

今回の違憲判決に至るまでには本当に長い年月を要しましたが、その背景には行政・立法・司法それぞれの立場での考え方や事情があったようです。

今後もすべての国民が不当な差別を受けることなく、安心して暮らせるような国にして欲しいと切に願います。


photo:仏通寺(三原市)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。